FC2ブログ

時の風景・・・Rumiko

人生の砂時計は…流れ続けています。ブログは私の「時の風景」です。

プロフィール

Rumiko

Author:Rumiko
砂時計からイメージした
時の流れは・・・
心模様の絵となりました。
これからの人生は
絵にこだわらず
もっと自由に・・・
生きることを楽しみながら
表現し続ける人に
なれたら…と思います。

  • 想い出の町…多賀城へ

昨日は仕事の研修会があり、高速バスで仙台へ向かいました
研修会の前に、高校時代の友人に会うことになり
6:55発のバスに乗り、仙台駅東口に10時頃には到着です

バスを降りたら、友人が笑顔で待っていました
テキストの入った私のバッグを見て
「重くない? 持ってあげるから…」と何度も言ってくれました
彼女が持ったら、私の方が恐縮してしまうのに…

彼女の優しさは、高校生の頃と変わらなくて…
嬉しく懐かしい気持ちに包まれました


私の生まれ育った多賀城へ 「行ってみたいけど…」
彼女も昔遊びに来てくれたことがあり 「いいね!」 

さっそくJR仙石線乗り場へ
と言っても、仙台駅は変わってしまったし
広くてどこへ行けばいいのかわからない
ふたりでウロウロ…おみやげ売り場店員さんに尋ねて
たどり着いたホームにちょうど電車がやって来て、乗ったら何と快速で
次の駅が多賀城ですって! たった10分ほどで、着いてしまいました

この駅は何年前にできたのでしょう?
もちろん昔とは違っていたけれど、それなりに時は過ぎているようです
IMG_1796.jpg

駅前にはこんな電話ボックスが…見たら中に3台も電話があるけど
使う人って、いるのかな…? でもあるだけで、嬉しくほっとするものってありますよね?
IMG_1813.jpg

私が住んでいた社宅はこの辺だったような…どうして空地のままなの?
駅のそばって必ず建物があるのに、不思議です
IMG_1799.jpg

え~っ!
小さな子どもの頃に行っていた床屋さんの場所は、今でも床屋さん…いえ理髪店!
跡を継いだお子さん、もしかしたらお孫さんも…?いて、良かったですね!
IMG_1800.jpg

懐かしい砂押川…木の橋だったのに立派な橋になってましたよ
IMG_1802.jpg

ここまで津波が押し寄せたということ…胸が締めつけられました
IMG_1805.jpg

駄菓子屋さんのあったところは、貸店舗らしき建物に…
IMG_1807.jpg

見渡すと、マンションが…多賀城は仙台のベッドタウンなのですね
IMG_1806.jpg

小さな旅…想い出の中の町の風景を探ることができました

その後、仙台で美味しく楽しいランチタイム…「また何時か会いましょう!」と彼女と別れて
13時から、しっかり研修を受け、17:20発のバスで戻ってきました
もちろん帰りのバスでは、ぐっすり寝てしまいましたが…

何時もとは違った時の流れの一日…
久しぶりに充実感に包まれ、こころ満たされた一日となりました


スポンサーサイト

コメント

  • 05月 21 2013
    • 2013/05/21(火) 13:54:10
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 孝ちゃんのパパ89lC/bVQ
こんにちは。初めまして!

生まれ育った町!
思い出がいっぱい詰まっているのでしょうね!

僕は鹿児島の指宿という町で生まれ育ったのですが
加世田というところで小5~中2まで過ごしました。

一番の思い出が詰まっている町で、孝ちゃんと結婚してから一緒に何年ぶりかに訪れたことがありました。

いろんなところが変わっていて、住んでいた父の社宅も無くなっていました。

でも、思い出がいっぱいよみがえってきました。
孝ちゃんのパパさん、コメントありがとうございました。
生まれ育った町…普段は思い出すこともないのですが
こうして訪ねてみると、懐かしい想いがあふれてきて
風景が変わっても…この町が好きなのだと気づかされました。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する