時の風景・・・Rumiko

人生の砂時計は…流れ続けています。ブログは私の「時の風景」です。

プロフィール

Rumiko

Author:Rumiko
砂時計からイメージした
時の流れは・・・
心模様の絵となりました。
これからの人生は
絵にこだわらず
もっと自由に・・・
生きることを楽しみながら
表現し続ける人に
なれたら…と思います。

  • ワークショップに参加して

いわき市美術館での「収蔵作家ワークショップ」
おもしろい線の表現  ー夢を紡ぐー
3月9日(土)10日(日)10時~15時行われました

講師は元美術館館長で、現在名誉館長の田口安男先生
先生は1930年いわき市生まれで、1964年安井賞の受賞作家です
震災前は、黄金背景テンペラ画の技法を教えてくださるために
いわきに、定期的にいらしていました

久しぶりにお会いした先生は
相変わらず姿勢が良く、お元気なご様子…嬉しかったです!
何と言っても、精神が若々しい!

IMG_1290.jpg

発想を豊かにする線描(ドローイング)のおもしろさを体験する講座でした

線を途中で止めないで、一筆で描きます
初めは描きたい人の顔だけを見て、手元は見ないで
いっきに描かなくてはなりません
私は勝手に、田口先生をモデルにさせていただきました

IMG_1291.jpg

こんな感じになりました
次は、目をつぶって…輪郭を思い出してやはり一筆で描きます
目を開けたら…こんな面白い顔になってましたよ
少しだけ色彩を入れて…

IMG_1293.jpg

次に針金(2m)を使って、顔を作りました
繋がったままで表現するのって難しいけど、無心になっての作業です

IMG_1316.jpg

それをコピー機にかけて…こんな感じに

IMG_1315.jpg

今日2日目はアルミの針金で形を作って、金づちでたたいて
作りたいものを自由に作ってくださいとのこと
私はペンダントヘッドを2つ作りました

IMG_1317.jpg

これは昨日、やはり針金で作ってコピーした顔に、色鉛筆で彩色したものです
おもしろいというより…変な顔ですね!

IMG_1319.jpg

午後は用事があって、最後まで受講できませんでしたが
何時もの自分から、解放されて
自由に楽しく制作する喜びに浸ることができた2日間でした



スポンサーサイト

コメント

  • 03月 10 2013
    • 2013/03/10(日) 19:50:23
    • [ 編集 ]
    • URL
    • Hiroko-
一本の線から色々な作品ができるんですね。
素晴らしい感性です。
とても生き生きとした様子でいいですね!
ひろ子さん、ありがとう~!
表現はいろいろあって、楽しい!と思いました。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する