FC2ブログ

時の風景・・・Rumiko

人生の砂時計は…流れ続けています。ブログは私の「時の風景」です。

プロフィール

Rumiko

Author:Rumiko
砂時計からイメージした
時の流れは・・・
心模様の絵となりました。
これからの人生は
絵にこだわらず
もっと自由に・・・
生きることを楽しみながら
表現し続ける人に
なれたら…と思います。

  • Roroと永遠の別れ

ロロは一時、元気をとり戻していたので
まだまだ生きていてくれる…と
信じていました。

今日の夕方から急変し
昏睡状態になり
30分ほど前に旅立ちました。

私の腕の中で
大きく口を3回ほど開けて
その後、息絶えてしまったのです。

たぶん…18歳4か月
よくがんばって、生きたね!
不思議な縁で
家族になって16年4か月でした。

ロロとの思い出
ロロが教えてくれたこと
たくさんあります。

我が家の愛犬になって、暮らしてくれたことに
心から…ありがとう!!

これから失った存在の大きさを
しっかり、受けとめていかなくてはなりません。

今年のクリスマスイブの日は
忘れられない日になりました。

まるでロロが
この日を選んだような気がします。



スポンサーサイト

コメント

  • 12月 25 2012
    • 2012/12/25(火) 08:17:25
    • [ 編集 ]
    • URL
    • Kota-
長年、家族の一員として生きて来たロロのご冥福をお祈り申し上げます。何を言うべきか?何をするべきか?分かりませんが気を落とさずに居て欲しいとおもうばかりです。
> お心遣いありがとうございました!
> 次々とロロのことが思い出され、泣けるだけ泣いて落ち着きました。
> ロロはこちらの感情を敏感に感じとる犬でした。
> 認知症となり、介護犬になったことで
> 私がストレートに傷つかないよう、心の準備をさせてくれたような気がします。
> 小太郎には、できるだけ元気でいて欲しいです!
イブに旅立つなんてロロらしい。それも腕の中で。失った寂しさはうめられないけど、ブログ読みながら私も泣きました。ロロのご冥福をお祈りします.
大好きなチーズをご馳走になったり、いっしょに散歩していただいたり…
ほんとうにお世話になりました。
私が落ち込んでいる時には、そばに来て「ワン!」と吠えてくれる犬でしたよ。
長時間留守をすると、玄関を開けて呼んでも知らんぷり。
でも夫が言うには、ずうっと玄関で待っていて、車の音がした時に
自分の居場所に戻っていたんですって!
家に帰ってくると、まだロロがいるような気がしてしまいます。
これから、年末の忙しさで、何とか気が紛れると思います。
ありがとうございました。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する