時の風景・・・Rumiko

人生の砂時計は…流れ続けています。ブログは私の「時の風景」です。

プロフィール

Rumiko

Author:Rumiko
砂時計からイメージした
時の流れは・・・
心模様の絵となりました。
これからの人生は
絵にこだわらず
もっと自由に・・・
生きることを楽しみながら
表現し続ける人に
なれたら…と思います。

第9回日本芸術センター公募展の入選通知が届き
神戸まで 1泊2日のひとり旅をしてきました

観に行けるか 迷っていましたが
これから先 何時どうなるかわからないから・・・
動ける時に動いていたいという気持ちが湧いてきたのです

6/14 午前中は仕事でしたが
茨城空港まで車を走らせ19:20発で神戸へ 20:30に到着しました
地図で見ると遠いのに こんなに速く着くの?と驚きました

最初は6/19出発の予定でしたが
大阪の「長谷川浩子彫刻展」も観たくて 会期が終わる前に日程を変更していました

今回の大阪北部地震には とても驚きました
改めて何が起きるかわからない国で生きているのだと思い知らされました
東日本大震災が蘇り 余震が怖くて
初めの日程なら きっと行けなかったと思います
小学校は最も安全であるべきところなのに・・・
違法ブロック塀で亡くなられたお子様のことを思うと胸が痛みます

展示会場は日本芸術会館
IMG_451420180815.jpg
IMG_451520180615.jpg

いわき美術協会展に出品した「生命の時空間」S50号の連作で
F50号を何とか間に合うように制作しました
IMG_451820180615.jpg
IMG_452020180615.jpg

中庭にはテラスがあり ウサギちゃん2匹の遊び場です
ひとり時間を楽しみながら早めのランチ・・・パスタを美味しくいただきました
IMG_452620180615.jpg
IMG_452420180615.jpg IMG_452520180615.jpg
IMG_452320180615.jpg IMG_452720180615.jpg

日本芸術会館はポートライナー 中埠頭駅にあります
IMG_453020180615.jpg

車窓からのポートアイランドの風景を楽しみ 宿泊した三宮駅に再び戻りました
IMG_453220180615.jpg IMG_453620180615.jpg
IMG_453420180615.jpg
IMG_453820180615.jpg IMG_453920180615.jpg
IMG_454020180615.jpg IMG_454220180615.jpg

大阪駅に向かい 梅田駅~心斎橋へと乗り継いで
どうにかMU東心斎橋画廊にたどり着くことができました
私はいまだにガラ携なので 娘からプレゼントされたタブレットに助けられました 
(ナビの使い方は前日どうにかマスター)
やはりスマホに切りかえるべき・・・? 悩んでいます

5年前に参加させていただいた「光の降りる時代 25 pirits展」(2013)の
懐かしい会場で 存在感のある優しい作品たちに囲まれながら
浩子さんにお会いすることができました
心地良い刺激のおかげで 私の心が自然に静かに流れ始めたように思いました
IMG_455120180615.jpg

IMG_454420180615.jpg IMG_454520180615.jpg
IMG_454620180615.jpg IMG_455020180615.jpg

作品が入選できたこと
浩子さんから個展のお知らせが届いていたこと
仕事がオフだったこと
そして格安航空チケットがとれたこと 
高価なホテルの部屋しか空いてない・・・これが一番の悩みでしたが
突然女性用カプセルホテルがあることに気づきました
(新しくて料金も安くシャワー室もあり 寝るだけの私には快適でした)
     IMG_450420180615.jpg
    
いろいろなことが私を後押ししてくれて
衝動的ひとり旅が実現できました
もう どこにでも行ける・・・そんな気持ちが湧いてきています

『たしかな事など何も無く~』 拓郎〈流星〉の歌詞が浮かびます
当たり前の日常は何時も危うくて
だからこそ 生きているこの時間を大切にしたいと改めて思っています

帰りの飛行機は18:45発
滑走路を動き始めた時に虹が見えました
IMG_455820180615.jpg

行きは通路側の席でしたが帰りは窓側が取れて
夜が来る前の風景を 感動しながら眺めることができました
IMG_455920180615.jpg IMG_456520180615.jpg
IMG_456620810615.jpg IMG_457420180615.jpg

IMG_458120180615.jpg

実は神戸を出発する前にアナウンスが流れ
茨城空港が悪天候で着陸できない時は羽田に引き返すという条件付き飛行だったので
着陸できた時には ほんとうに安心しました
雨降る高速道路を走り無事22時過ぎには戻ることができました

日常を離れ不思議な時の流れの中で過ごした貴重なひとり旅が終わりました






スポンサーサイト
ほんとうに久しぶりに家で過ごしている気がします
午前中 買い物に出かけた後は
絵を描いて過ごしていました

窓の外に目をやれば
もう夕方5時過ぎなのに

まだまだ太陽は輝いていて
陽射しが長くなっていることに
ふと気づかされました
朝の雨も 庭の花や木を元気にしてくれたようです

ついカメラを持って庭に出てみました
夕陽をあびて嬉しそうな植物たちです
   (家が北側なので限られた所だけですが・・・)

玄関先のシャリンバイ
IMG_442420180519.jpg

若葉がきれいな山桜
IMG_441520180519.jpg

咲くのが待ち遠しい紫陽花
IMG_443320180518.jpg

アオキの葉も輝いています
IMG_442620180519.jpg

爽やかな5月の風に心も揺れて
季節の移ろいに目を向けるゆとりもなく
日々を過ごしていたことに 気づかされたひとときでした






砂時計が見せる“時のかたち”に惹かれて描いたのが
ー時シリーズーの始まりでした

自分の人生の砂時計があるとしたら
どれくらい流れ落ちているのかと
想い巡らしていたあの頃が
今では懐かしいと想えるほどに
時は流れてしまいました

残された砂が あとどのくらいあるのかを
決して知ることはできないからこそ
“今”を意識して 生きていたいと思います

人生の砂時計のかたちと共に
その時々の自分自身の心の状態を
キャンバスの中に表現し続けてきました
今回の作品は 生命の誕生の不思議さと
何れ訪れる別れの時がテーマになっています

昨日から開催されているいわき美術協会展の出品作品
「生命の時空間」 油彩 S50号
IMG_430820180507.jpg

佳作「美術協会賞」をいただくことができ 突然のご褒美に驚いています

そしてもっと驚いたのが
夫の作品が市長賞になったことです

「瞳の奥の真理」 油彩 F100号
IMG_430620180507.jpg

私と違って 夫は日々描くことに集中し続けていましたので
こういう機会が訪れて 私も嬉しく思っています

IMG_432720180509.jpg
IMG_432620180509.jpg
IMG_432920180508.jpg
IMG_433020180509.jpg


いわき美術協会展は5月13日(日)まで
   AM9:30~PM5:00(最終日は4時終了)
いわき市文化センターは
駐車場スペースが少なくて ご不便おかけしますが 
ご覧いただけたらと思っています


















ネモフィラの丘の素晴らしさを友人から聞いて
一度は行ってみたいと思っていた「国営ひたち海浜公園」に
5月2日 やっと行くことができました

人混みのことを思うと気が重くなり ためらっていたのですが
前日 テレビのニュースで ネモフィラの花の映像を観ていたら
どうしても行きたい衝動にかられ 
薄曇りの朝 夫と共に6時に出発 8時には入園することができました

『公園=ネモフィラの丘』 というイメージでしたが
ネモフィラが咲いている 「みはらしの丘」は
公園の中の一部分のエリアでしかなかったのです

他に砂丘エリア・樹林エリア・草原エリアなどがあり
自然環境に恵まれたとても広い公園だったことを知りました
総面積350haのうち200haが開園しているとのこと
いろいろ楽しめる充実した公園であることに驚きました

まずは「みはらしの丘」に向かいます
一面ネモフィラで覆われた美しい景色を眺めて感動!

IMG_421620180502.jpg
IMG_421720180502.jpg
IMG_420920180502.jpg
IMG_422220180502.jpg

朝早いのに 次から次へと人が動いています

それから、ガイドマップを手に
公園内を歩き続けて 歩数は約13000歩
IMG_425220180502.jpg

途中で休憩もしましたが、約3時間公園内で過ごしたことになります
IMG_423120180502.jpg
IMG_423220180502.jpg
IMG_423320180502.jpg
IMG_423520180502.jpg

シーサイドトレインが走っていたり サイクリングする人たちがいたり 
アスレチック広場 バーべキュー広場もあったり
次から次へと変わる景色の面白さを堪能してきました

IMG_424520180502.jpg
IMG_423820180502.jpg
IMG_424120180502.jpg

眺めるだけでしたが遊園地にはいろいろな乗り物があります

IMG_424320180502.jpg

秋のコキアの季節にまた行くことを決めました
きっと何度行っても飽きない公園のような気がします






日々の暮らしの中で 
心惑う出来事は 次から次へ
これが生きるということなのだと 納得はしているけれど・・・
少しでも心穏やかに生きて行けたらと思う

そんな私にとって週1回のボウリングは
もちろん運動するという目的もあるけれど
心のリフレッシュに欠かせない時間になっている

友人に誘われたのが4年前
彼女からは「だいぶ上達しているよ」と
励ましの言葉を貰うけれど
いまだに揺れ動く心の状態そのままのスコア

レーンに立ち ピンを眺めながら
心を無に・・・と自分自身に言い聞かせて
深呼吸してからボウルを投げるのに・・・

決して思い通りにはいかない
だから面白いのかもしれないけれど
ガーターの時と スペアの後に1ピンしか倒せなかった時は
とても情けないし 自分にあきれてしまう

そしてそんな時は 心と裏腹なのに
つい可笑しくて笑ってしまうから不思議・・・
もちろんストライクの時は嬉しくて自然に笑顔になれる

他の運動と違うのは ここなのだと思う
ウオーキングも好きだけど こんなに笑うことはない
どんなに落ち込んでいても ボウリングをすると笑えるから嬉しい

何と! 77点という最悪のスコアと
滅多にない 150点という嬉しいスコアがあり アベレージは 120点  
IMG_418720180419.jpg

次回はもう少し点数を上げたいという気持ちと爽快感と
そして 笑いがこれからもボウリングを続けさせてくれると思う









今日から夫の個展が始まります
昨年のいわき美術協会展で「若松光一郎賞」をいただいたので
受賞記念として
アートスペース「エリコーナ」で開催されることになりました
会期 18・3・14(水)~18(日)

これまで描いていた独特の心象風景の大作を並べたら
どんな世界になるのかと不安でしたが
会場を埋め尽くしている作品たちがひとつにまとまって
超大きな作品となったような印象です

IMG_391220180313.jpg

IMG_391120180313.jpg

IMG_397220180316.jpg

IMG_397320180316.jpg

IMG_397120180316.jpg

とにかく独特な個性で
未だに理解することができない内面に
戸惑うことが多いのですが
迷うことなく自分を信じて描き続けてきたことに感心しています

エリコーナは二つの展示スペースがありますが
小スペースにはツーリングで見て来た
北海道から琵琶湖までの風景が所狭しと並んでいます

IMG_398320180316.jpg

IMG_391520180313.jpg

IMG_391320180313.jpg

IMG_398020180316.jpg

IMG_398220180316.jpg

これまでと違って写実にこだわり
時間をかけて描き続けていましたが
初めて「描くのは難しい!」と幾度も本音を漏らしていました

小品は今まで通りの自由に描いた「原風景」や
オーロの作品・自画像・木彫立体作品もあります
IMG_385420180313.jpg

IMG_397620180316.jpg

独創性と混沌と真摯さを
お楽しみいただけたらと思います
会期中は私も会場におります
ぜひご覧くださいますようにー

IMG_390820180313.jpg

                    IMG_391020180313.jpg





パソコンを立ち上げようとしても固まったまま使えなくて・・・
しばらく休んでいたのですが復活できました

2月23日(金)から始まった第47回いわき市民美術展覧会
絵画・立体の部が3月4日(日)で終了します
私は第18回の時に初入選して30回出品し続けてきたことになります

こうして振り返ると、これまでの時の流れの中で
どれだけ絵と向き合えてきたのか・・・?と反省の思いに包まれますが
描く時間をつくれない時でも
常に絵のことを意識し続けて生きてきたように思います
絵を通して多くの仲間に出逢えたことが
私の人生を豊かにしてくれました

迷いや悩みはありますが
きっとこれからも描き続けていくことと思います

「生命の時空間」 油彩 F100号
IMG_380220180302.jpg


夫の作品も紹介します

「陽落つる時の多面的な心理眼」 油彩 F100号
IMG_379820180302.jpg


「樹の神」 立体
IMG_379320180302.jpg