FC2ブログ

時の風景・・・Rumiko

人生の砂時計は…流れ続けています。ブログは私の「時の風景」です。

プロフィール

Rumiko

Author:Rumiko
砂時計からイメージした
時の流れは・・・
心模様の絵となりました。
これからの人生は
絵にこだわらず
もっと自由に・・・
生きることを楽しみながら
表現し続ける人に
なれたら…と思います。

「いわきの作家たちによる風景画展Ⅱ」がアートスペース「ELICONA」で開催中です
5/18(土)~6/2(日) 10:30~18:00 (月曜日休廊)

お誘いいただいた時に
何時も描いている心象風景を出品すれば良いと思っていたのですが
届いた案内状には・・・

「今回はいわきの風景にテーマを限定して、3,11以降様代わりしてしまった風景や
今はもう無くなってしまった懐かしい風景等それぞれの作家さん達による風景画を
どうぞお楽しみくださいませ」と書いてありました

慌てて連休中に 夢中で描いた作品です
油彩では間に合わないので ボールペンとパステル鉛筆を使いました
画面の中に それぞれの場所で感じた空気を描き込みたいと思ったのですが
やはり・・・とても難しいです

今まで通り 自分の世界を描いていた方達もいて
自分がこだわりすぎたかも・・・と思いましたが
具象的な風景画を描く機会を持てたことに感謝しています


初秋の背戸峨廊 F3号
IMG_6187201905ru.jpg

背戸峨廊は子どもたちが小学生の頃に家族でよく行った所です
お弁当を持って 怖い岩場を登りながら滝を眺め一周コースを戻って来る・・・
我が家にとって想い出の場所でした
震災後は行けなくなりましたが、入り口近辺だけは入れると聞いて
昨年秋に足を運びましたが誰もいない・・・
昔は芋煮会をしている人達が必ずいたのですが
面影はありませんでした
怖いほど寂しい雰囲気に包まれていました

新緑の里山風景(貝泊) F4号 ・・・この風景は一昨年油彩で F50号にも描きました
IMG_61892019ru05.jpg

震災後に田人・貝泊に行く機会が多くあり
いわきにもこんな静かなところがあるのかと驚きました
貝泊は自然あふれる所ですが 超高齢化が進み限界過疎地域です
震災前に移住してきた人達も去ってしまったとのことです
何時も変わらず穏やかで美しい風景なのですが・・・


今回 24名の作家が出品しています
ご覧いただけたら嬉しいです
IMG_6214201905ru.jpg

    IMG_6215201905ru.jpg

IMG_6217201905ru.jpg

    IMG_6218201905ru.jpg







スポンサーサイト
しばらくブログをお休みすると広告が出ることを知っていたけれど
昨日友人に言われて確認してみたら
しっかりスポンサーサイトになっていました
というわけで久しぶりにブログ更新します

5月3日 日帰りで行った米沢からの帰り道「西吾妻スカイバレー」 で撮った写真です

IMG_615220190503.jpg

IMG_615620190503.jpg

IMG_616020190503.jpg

IMG_616220190503.jpg

IMG_616320190503.jpg

IMG_616420190503.jpg

IMG_617020190503.jpg

思いがけず残雪が見れたことに驚きました!
福島から米沢までの無料高速道路がトンネル続きだったので
帰りは違った道にしたいという気持ちで通ったのですが
思いがけない贈り物を貰った気分で雪景色を楽しみました

あれから2週間が過ぎたので
雪が融けて景色も変わっていることと思います

最近残りの人生で・・・再びここに来ることは?と思う度に
二度と眺めることはない風景にちがいないと思いながら
シャッターを押します

大型GWで出かけたのはこの日だけ
他の日は5月18日から始まる
「いわきの作家達による風景画展Ⅱ」に向けて作品の制作をしていました

相変わらず仕事も忙しく
ブログを書くゆとりのない日々・・・流されないで
時間はつくるようにしなければいけませんね











いわき市美展もあっという間に 明日(3/3)最終日を迎えることになりました

市立美術館の中に 所狭しと展示されている作品は
テーマ・表現・素材・サイズがそれぞれ違っていて
どんな想いで制作したのかを思い巡らしながら観ていると
面白く 飽きることがありません

一般応募 (絵画)176点(内青少年24点)
       (彫塑) 17点(内青少年0点)
招待出品 (絵画)  9点
       (彫塑)  4点
搬入総点数   206点

同じテーマを追求し続けている常連の作品と
突然新しい作風に変わった作品
勢いのある作品と 落ち着いた雰囲気の作品
時間をかけて制作した作品と 一気に仕上げた作品
写実的な作品と 抽象的な作品
その年代特有の雰囲気の青少年の作品と
青少年が描いたかと思えるような高齢者の作品等々・・・

ひとりひとりの個性ある作品の中から
一人の審査員が受賞作品を選ぶのはとても大変なことだと思います

今年の審査員は秋元雄史氏
 (東京大学大学美術館長・教授・練馬区立美術館館長)

講評に書いてあったのは
「自分の視点を極端でもいいので反映しようと思った。・・・
ポイントは二つ。一つ目が材料、技法の使用の仕方が自由であること。・・・・
もう一つは、前者の条件よりさらに大事なのだが、自由な表現だということ。・・・
技術的には少々下手でもいいから、それを超えて余りある表現要求があり、
そしてそれが世界観にまで到達しているといい。つまり自分の表現したい世界があるということ。
世界観をもっているということ。そしてそれがユニークで独創的であるということ。・・・」

誰もが自己表現のために制作しているので
果たして審査そのものが必要なのか・・・疑問を感じますが
結局自分が納得できるよう制作し続けることが大切だと思っています

夫の作品 「祈り・りんねてんしょう」S100号・油彩は
佳作「箱崎美術広告社賞」に選ばれました
  
IMG_598820190228.jpg

彼は立体作品も出品しています 「風のこえ」 
IMG_600320190228.jpg

私はF150号に挑戦できたことに満足していますが
会場で眺めていると何かが足りない・・・
描ききれていない・・・という思いが湧いてきます

IMG_602820190208.jpg

IMG_602220190228.jpg

でもこの作品はこのままにして
県美展に向けて新しい作品F50号を描き始めなくてはと思っています


写真撮影は許可が必要で 自分と夫の作品メインの撮影です
市長賞や会場全体の雰囲気を紹介することはできませんでした





生きること・・・
想うこと・・・
そして願い・・・

第48回市美展の作品
「・・・時の風景・・・」 F150号 油彩 キャンバス

IMG_598420190224.jpg





第48回いわき市民美術展覧展(絵画・彫塑の部)が
いわき市立美術館で2月22日(金)から始まります  3月3日(日)まで

IMG_598020190220.jpg

IMG_596620190220.jpg

第18回の時に初入選しました
ここ数年 出品作品はすべて展示されていますが
以前は落選がありましたので
通知が届くまでは 落ち着かない緊張の時間を過ごしていました
何とか30回展示されてきたことに感謝したいと思っています

自分にしか描けない世界を描きたいと思いつつ
思うように描けないもどかしさを感じながら
歩んできた30年の時は不思議な速さで過ぎてしまいました

たどりつく世界はまだ見えませんが
自然体で 自分のペースで
描き続けて行けたらと思っています

何時ものことですが
制作は搬入日ぎりぎりまでかかります
必ず気になることが見えてきて手を加えたくなってしまうのです

今回はF150号(181.8×227.3㎝)
アトリエが狭いため距離を置いて見ることができず
会場で初めて全体を眺めることができる状態です
まだまだ・・・途中経過の作品だと思っています

市美展部会員として
一昨日と昨日は搬入受付と展示作業のお手伝いをしました
絵の仲間の方たちとの交流は嬉しいですし
知っている方たちの作品がどう変わっているかを観るのも楽しみです

会期中、何度か観に行き 刺激をいただきたいと思っています
作品は会場で撮影してから載せる予定です

いわき市民美術展覧展は充実したレベルの高い展覧会だと思っています
是非多くの方たちに ご覧いただけたら嬉しいです




人前で話すのが苦手でした
自己紹介をしなくてはならないときには頭の中が真っ白になり
後で思い出すと 恥ずかしくなるような話し方しかできなくて
何時も自己嫌悪状態でした

それは子どもの頃からで
大人になってもあがり症は治らず
一生このままかも・・・と不安と劣等感に苛まれていました

転機は40代になった頃
講師契約でしたが初めて栄養士の資格を活かす機会に恵まれ
乳幼児健診で栄養指導を担当させていただくことになってからです
今振り返ると緊張しながら
つたない話し方だったと恥ずかしくなりますが・・・

いつしか管理栄養士の資格を取りたいという想いを抱くようになったのですが
実務経験がなく受験資格もなかったため
50代で3年間 介護老人保健施設で勤務し
2度失敗し3度目でやっと合格することができました

60歳での遅いスタートでした
それから有難いことに 食事・栄養の大切さを伝える仕事が増えました
苦手などと言っていられず
伝えたいことを知ってもらいたいという気持ちが強くなるにつれ
いつの間にか平常心を保つことができるようになってきたように思います

決して上手な話し方ではないけれど
自分自身も健康でいなくてはという思いが強くなり
言葉があふれるようになってくるから不思議です
歳を重ね経験を積むということは
思いがけない可能性を導いてくれるようです

先日も高齢者の低栄養予防についての講話を市内公民館で行いました
約60人の皆さんが真剣な表情で聞いてくださり とても嬉しく思いました

IMG_595420190208.jpg

高齢になることは、誰にも避けられないことです
健康寿命を延ばすために大切なのは、何といっても栄養!

私たちの身体は食べ物で できています
食べることは生きることです!

3食とも主食・主菜・副菜の揃った食事をすること
適量についても具体的に知っていただけるようお話しました
もちろん運動と睡眠も大切!
そして何より・・・こうありたいと思い信じることが大切だと思っています

落ち込んだり何もできない気分の時もあるけれど
私は自分自身のためにも家族のためにも健康でいたい
そう思いながら日々を生きています
知識だけではなく実践しなくてはと思っています

もしかしたら・・・私はほんとうに長生きするかもしれませんね(笑)




前記事で紹介しましたが・・・

娘がクラウドファンディングに挑戦して
初めてPMS(月経前症候群)という言葉を知りました

私世代のその頃は 月経や生理という言葉を口に出すことすら
ためらわれる時代でした
女性なら当然のことなのに
どうしてあれほどタブーで羞恥心を感じなくてはならないことだったのか
今思うと不思議な気がします

テレビで、初めてナプキンのコマーシャルが流れた時にも
時代は変わったのだと驚いた記憶があります

女性が抱えている身体と心の不調を本人自身ばかりではなく
周りの人たちが優しく理解してあげられる社会になることが大切だと思います

PMSで悩む女性たちのための
セルフモニタリングツール「Monicia」の量産化に向けて
たくさんの方の共感とご支援をいただくことができて
とても嬉しい気持ちでいます
これからも見守っていただきますよう お願いいたします
...




娘はメンタル疾患で苦しみながら仕事を続け
ある日婦人科を受診してPMS(月経前症候群)も患っていたことがわかり
並行して治療をしたことにより劇的に改善することができました
その後心療内科の医師から「完全治癒」と言われたとの
報告を受けた時の喜びを忘れることができません
うつの症状が出てから10年の歳月がかかりました

もっと早く婦人科を受診していたら
メンタル疾患から抜け出すことを早めることができたに違いない・・・
その時の体験がPMSで悩む多くの女性たちを救いたいという熱い想いとなり
現在京都大学との共同研究により開発した
セルフモニタリングツールのプロジェクトリーダーとして頑張っています

娘にとって先の見えない不安と辛さに苦しんだ日々が
決して無駄ではなかったことが嬉しくてなりません
こんな風に自分の道を信じて進めるようになったことも
あの頃を思い出すと奇跡のように感じます
暗いトンネルの向こうには必ず光があることを教えられました

今回クラウドファンデイングという言葉も初めて知りました
セルフモニタリングツール「Monicia」の量産化実現に向けて
下記URLにて紹介しています

https://readyfor.jp/projects/monicia
(クイックしても入れませんので コピーして検索お願いいたします)

働きながら子育てをしながら・・・
辛い思いを抱えている女性たちが一日も早く
笑顔で元気になれますようにと願って心から応援しています

同じ症状を抱えて苦しんでいる女性たちに
この情報が届きますように・・・




しばらくは・・・おせちの残りを
食べることになると思っていたけれど
まだ冷蔵庫の中に残っているので
こうして食卓の上に並びます

IMG_594820190104.jpg

お正月三が日が過ぎても
食べ続けてきたのは子どもの頃からで
当然飽きてきますが
これもお正月ならではのこと
明日は何度も熱を加えた煮しめも
食べ切らなくてはなりません

若い頃は当然のように帰省して
母が (父も手伝って・・・)作ったおせち料理をご馳走になっていました
いま自分が子どもや孫たちのために作るようになり
夫も手伝ってくれて何とか準備が整い
無事お正月を迎えることができてほっとしました
母が頑張ってくれた歳までは作り続けなくては・・・と思います

突然盛岡の実家での
慌ただしいお正月のひとときが蘇ってきました
「心の風景」という言葉が好きです
ふとした瞬間浮かんでくる想い出のシーンを
たくさんたくさん・・・持っているような気がしてきました
これからもきっと増え続けていくことでしょう





新しい年を迎えて
気持ちも新たになれるかと言うと
そんなに簡単なことではないけれど

それでも新しい年になったのだから
これまでの自分から少しでも抜け出せるようになりたいと
気持ちは動き始めている

どれだけ自分を変えられるのかもわからないし
日々を無事過ごせるだけでも
有難いと思える歳になってきている
今年は焦らずゆっくり進めるようになりたいと思う

 
昨日は袋田の滝へ
冬の自然がつくり出した凍結の滝の素晴らしさに感動!!

IMG_591620190102.jpg

 IMG_592420190102.jpg

 IMG_592820180102.jpg

 IMG_593120180102.jpg

つり橋は揺れるので怖い!
 IMG_593420190102.jpg

 IMG_593620190102.jpg

あちこちにある大きな岩
IMG_593820190102.jpg

袋田の滝のそばの日帰り温泉「関所の湯」で のんびり露天風呂を楽しんで・・・
IMG_593920190102.jpg

初めて食べたしゃも鍋はとても美味しかったです!
IMG_594120190102.jpg


お正月の小さな旅でした・・・